読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1059465
0
「いいね!」を強要する上司に慰謝料を請求できるのか?
2
0
0
0
0
0
0
ビジネス
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
FILE 001 新入社員への「一発芸」の指示は「パワハラ」にあたるのか?

『「いいね!」を強要する上司に慰謝料を請求できるのか?』
[著]弁護士ドットコム [発行]扶桑社


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ




 多くの会社で春に行われる新入社員の歓迎会。新しく社会人になった若者にとっては、うれしい半面、先輩社員に囲まれて、緊張する場といえるのではないでしょうか。


 そんな彼らを追い込むかのように、先輩社員が新人に向かって、お笑い芸人がやるような「一発芸」をするよう指示することがあります。


 もともとノリのいい性格の人なら適当にモノマネや歌を披露してしのげるのかもしれません。しかし、気が小さい人は「すべったらどうしよう」と気が気ではないでしょう。


 こうした歓迎会での一発芸の指示は、いわゆる「パワハラ」にならないのでしょうか?



古金千明弁護士の回答



 パワハラ(パワーハラスメント)とは、上司や先輩などが職場での立場の優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的な苦痛を与えたり、職場環境を悪化させる行為をいいます。お笑い芸人がやるような一発芸を指示することが、人格権を侵害するパワハラにあたるかどうかは、一発芸の「内容」によるでしょう。


 たとえば、流行のお笑い芸人がするような「普通」の一発芸で、ちょっと気恥ずかしい思いをするだけですむ場合があります。そんな状況で、1回だけ芸をするということであれば、パワハラとまではいえないことが多いでしょう。


 一方で、いわゆる「キワモノ」を売りにしているお笑い芸人や、リアクション芸人がするような一発芸をすることを事実上強要されたときには、パワハラにあたるケースがあるのではないかと思います。


【まとめ】

「キワモノ」の一発芸の指示は、パワハラにあたる可能性がある

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:0文字/本文:650文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く

      今レビューすると30ポイントプレゼント! 今レビューすると15ポイントプレゼント! 犬耳書店で初めてのレビューはさらに30ポイント! ポイント詳細はこちら

      この本の目次