読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1060378
0
神社ツーリズム
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
●感謝の原理

『神社ツーリズム』
[著]東條英利 [発行]扶桑社


読了目安時間:6分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 驚く人が多いのだが、前にも述べたように、神道には、教祖、教義、教典、教則といったものが存在しない。これもまた、神道のユニークさを伝えるものと言えるが、そんな宗教的教義性のない神道にも、“推奨”している言葉というものが一つだけある。それが、「敬神崇祖(けいしんすうそ)」である。これはどういう意味かといえば、「神々を敬い、ご先祖さまを崇めましょう」というものだ。そして、ここに書かれた「神々」も先に挙げた例と同様、特定の神を意味しているのではなく、ありとあらゆる神々を意味する。つまり、目に見えると見えないにかかわらず、ありとあらゆるものに畏敬の念を持ちましょうというものである。これを自分なりに、さらに噛み砕いてみると、その真意は「感謝」という言葉に尽きるのではないかと思っている。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2526文字/本文:2868文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次