読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1060385
0
神社ツーリズム
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
●大和神社と大神神社

『神社ツーリズム』
[著]東條英利 [発行]扶桑社


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 奈良県天理市に鎮座する大和神社(おおやまとじんじゃ)では、現在も倭大国魂神が「日本大国魂神(やまとのおおくにたまのかみ)」と表記され、主祭神として祀られている。そう、実は倭大国魂神は太古の神ではなく、今もなお語り継がれている“現役”の神なのだ。しかも、大和神社は日本国を意味する「大和」の名を社名に戴く。まさに、「大和の、大和による、大和のための神社」なのである。にもかかわらず、残念ながら、その知名度はすこぶる低いと言わざるを得ない。世界の海軍史上最大を誇った戦艦大和にも、大和神社より御分霊を勧請(かんじょう=分霊をほかの神社に移すこと)した上で祀っており、戦艦大和の乗員2717名の英霊も、大和神社の祖霊社に祀られている。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1396文字/本文:1711文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次