読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1060390
0
神社ツーリズム
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
●伊勢神宮と出雲大社

『神社ツーリズム』
[著]東條英利 [発行]扶桑社


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 出雲大社と伊勢神宮との関係を文化的視点から考えたとき、両者をどう見ればいいのだろうか。歴史的事実を踏まえれば、端的に「出雲は、日本人の平和的思考がもたらした奇跡の土地である」と言うことができるだろう。ある意味、出雲は私たちの国につくられた最初の「国」である。ただ、通常こうした「国」の信仰が現代まで引き継がれるということはほとんどない。世界を見渡しても、新しい国が興るたびに歴史は書き換えられてきた。古い国の歴史は遺跡として残ったとしても、その土着的信仰が現代にまで継承されることはほとんどないのだ。

 わが国においては、朝廷が中央集権を進めて統治権を確立していくなかで、大和による統一国家は、争いではなく合議によって成立したと言われている。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1518文字/本文:1839文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次