読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1060396
0
神社ツーリズム
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
●「デーモン小暮閣下」と本地垂迹説

『神社ツーリズム』
[著]東條英利 [発行]扶桑社


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 ただ、こうして仏教の存在が国内でも認められていくと、「神道の神さまと仏教の仏さまって、実際どっちがスゴいの?」というような素朴な疑問が湧いてくる方も多いのではないか。もちろん、どちらが格上かなど決めようもないのだが、異なる信仰が並立する日本にいれば自ずと興味の湧く話だろう。それぞれの立場から解釈するのも悪くないのではないか。

 そんななかで仏教側から提唱されたのが、「本地垂迹説(ほんじすいじゃくせつ)」である。「本地」とは本来の姿のことで、「垂迹」とは垂(あと)を迹(た)れるという意味であり、この場合、「実体化したもの」を意味する。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1310文字/本文:1579文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次