読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1060991
0
あきらめきれない彼との間にうれしい奇跡が起きる本
2
0
1
0
0
0
0
恋愛
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
chapter1 どうしても彼を忘れられないあなたへ

『あきらめきれない彼との間にうれしい奇跡が起きる本』
[著]Dr.タツコ・マーティン [発行]扶桑社


読了目安時間:16分
この記事が役に立った
1
| |
文字サイズ


別れたあとにあなたを襲う気持ちの変化とは?


「彼以外の男性は考えられません」

「他の誰と付き合っても、元彼を思い出してしまいます」

「なぜ別れてしまったのか……と後悔するばかりです」

「彼は、今も私のことを好きでいてくれるのか、彼の気持ちが知りたいです」



 これは、復縁を考える方の心の叫びです。こんなふうに、復縁を考える方の多くは、ただ一緒にいるだけで幸せだった元彼との日々を思い出すたび、心が張り裂けそうにつらい気持ちになっているのではないでしょうか。


 実は、彼にふられたにせよ、彼をふったにせよ、お付き合いしていた相手と別れると、ある現象が起こります。


 それは「ファンタジー・エフェクト(夢幻効果)」という現象です。ファンタジー・エフェクトとは、付き合っているときは彼のイヤな部分に悩まされていたのに、いざ別れるといいことしか思い出せなくなるという現象のこと。


 たとえば、付き合っているときは、お金にルーズでだらしない性格に愛想を尽かしていても、別れて会わなくなってしまうと、お誕生日に旅行に連れていってくれたことや、彼のやさしい眼差しなど、楽しく幸せだったことばかりが思い出されてきます。


 近くにいたときはよく気づいた欠点も、遠く離れると見えなくなってしまい、美化されてしまうのですね。



 何度もよりを戻すカップルがいますが、それは、このファンタジー・エフェクトによるものです。復縁を成功させたいなら、別れたあとにやってくるさまざまな気持ちの変化をまず知ることです。


 感情に振り回されている状況では、復縁を試みても成功する確率は下がります。


 そこで、この章では別れたあとの心理的な変化について、お話ししていきます。


交際期間と復縁したい気持ちは比例します



 あなたは、あきらめきれない彼とどれくらいの期間、お付き合いをしましたか?



 実は、付き合った期間が長いほど彼を忘れられなくなる、というふうに交際期間と復縁を望む気持ちは比例しています。


 人は一緒にいる時間が長くなるほど情が移るからです。


 情とは「慣れ」のことです。たとえば、長年同棲をしているけれども、お互い空気のような存在になってしまってトキメかない。もう別れよう……と思っていてもなかなか別れられないのは、情のせいです。


 人は慣れ親しんだものから動きたくないのです。人間はできる限り、平穏な現状を維持したいと思っています。変化を受け入れたり、過渡期をやり過ごしたりするのは、もともと苦手な生き物なのです。ですから、慣れ親しんだ彼がいなくなると、また元に戻りたいという気持ちが働き、復縁を望む傾向があります。


 そして、元彼と別れた思いを癒やさないうちに、別の男性と付き合うと、なんとなく違和感を抱くことにも表れます。


 たとえば、新しい彼と食事をしたあと、別れてひとりで電車に乗り家まで帰ったとすると、「元彼なら車で家まで送ってくれたのに……」と無意識のうちに比べてしまいます。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
1
残り:6490文字/本文:7703文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く

      今レビューすると30ポイントプレゼント! 今レビューすると15ポイントプレゼント! 犬耳書店で初めてのレビューはさらに30ポイント! ポイント詳細はこちら

      この本の目次