読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1061217
0
日本史の中の世界一
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
5 世界最大規模の古墳──仁徳天皇陵

『日本史の中の世界一』
[責任編集]田中英道 [発行]扶桑社


読了目安時間:6分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



なぜ、どのようにして造られたのか?

 日本人の巨大さに対する追求は、仁徳天皇陵に最もよく表れている。

 この「前方後円墳」と呼ばれる古墳は、全長が四八六メートル、円の部分は高さ三四メートルもある。取り囲む二重の濠まで含めた総面積は三四万五、四八〇平方メートルであり、秦の始皇帝の底面積一一万五、六〇〇平方メートルの三倍、エジプト最大のクフ王の大ピラミッドの底面積五万二、九〇〇平方メートルの六倍以上だ。大きさだけでなく、その全体の形態は中国にも朝鮮にも前例のない美しい形態である。

 五世紀、日本人の皇祖霊信仰の高まりがこのような巨大な墳墓を建設させた。当時まだ天皇などいなかった、という否定論者がいるかもしれないが、その名前はなくとも、それに匹敵する大王がいたということは確かである。

 中国の南朝の史書『宋書』に記されている「倭の五王」、(さん)(ちん)(せい)(こう)()の中の讃か珍のどちらかがそれであったといわれる。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2219文字/本文:2638文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次