読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1061220
0
日本史の中の世界一
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
8 世界最古の木造建築──法隆寺

『日本史の中の世界一』
[責任編集]田中英道 [発行]扶桑社


読了目安時間:6分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



七世紀の建築が今なお生きている

 奈良の法隆寺が世界一であるという理由は、まずこれが七世紀に建てられた、現存する世界の木造建築で最も古いものである、ということである。同時に、その建築を取り囲む寺院自体が今なお活動し、営みを続けている結果、それが死んだ過去の建築の美しさではなく、生きた美しさを持っていることによる。

 なるほどアテネのパルテノンの神殿も美しいが、しかしこれは廃墟である。死んでいる建築なのだ。よく見るとその白亜の殿堂が、破壊され掠奪(りやくだつ)され、歴史の無残さを感じさせる(傷んだ彫刻の多くはロンドンの大英博物館にある)

 ローマのサンピエトロ大聖堂は確かに法隆寺同様、カトリックの大聖堂として生きて使われている。そのミケランジェロの作であるドームも、その内部も美しい。しかし、その前面のファサードは凡庸なマデルナの作で、前の広場の列柱はベルニーニのバロック的な建築である。決して統一されたものではない。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2125文字/本文:2535文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次