読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1061223
0
日本史の中の世界一
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
11 国旗「日の丸」物語

『日本史の中の世界一』
[責任編集]田中英道 [発行]扶桑社


読了目安時間:6分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



「日の丸」の歴史

 明治七年(一八七四)、国民の間に“イギリスが日本に「日の丸」を買いたいといってきた”という噂が広まった。やがて、“イギリスは五百万円の値をつけた”とか、“駐日公使のパークスが、外務卿の副島種臣(そえじまたねおみ)と交渉しているが、西郷隆盛が売却に反対している”などの、真偽不明の噂が、次々と発生する。しかしこれは、まったく根拠のない噂でもなかったらしい。

 時代は下って日清戦争後のことであるが、そのころ確かにイギリスから日本にそういう話があったということを、薩摩藩出身で後に首相となる松方正義から、旧薩摩藩主・島津忠義が、「他言無用」と口止めをされた上で、聞いているからである(安津素彦『国旗の歴史』)

 ともあれ、わが国の国旗「日の丸」は、欧米人が高価な値で買い取りたくなるほど、センスのよいデザインの旗であったということは、まちがいない。戦後の日本では、国旗・国歌に対するマイナス・イメージを植えつける偏向教育が、広く、かつ長く行われているが、それは事実にも真実にも反する教育である。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2311文字/本文:2764文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次