読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1061226
0
日本史の中の世界一
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
14 現存する世界最古の博物館──正倉院

『日本史の中の世界一』
[責任編集]田中英道 [発行]扶桑社


読了目安時間:6分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



人類の宝と呼ばれる正倉院の宝物
「あをによし 奈良の都は 咲く花の にほふがごとく 今盛りなり」(『万葉集』巻三─三二八)

 と歌われた八世紀の聖武天皇の時代の奈良は、まさに「今盛りなり」という言葉を思わせる豊かな時代であった。

 巨大な青銅彫刻の盧舎那仏(るしやなぶつ)をおさめた、壮大な東大寺の伽藍(がらん)が完成し、日本各地に七重塔とともに国分寺・国分尼寺が建設された。聖武天皇は、藤原家の光明皇后とともに生涯その豊かさを背景に、内外の多くの品々のコレクションを行ったのである。

 その天皇が崩御(ほうぎよ)されたのが天平勝宝八年(七五六)であったが、皇后の嘆きは大きく、その嘆きは美しい哀悼文となり、その文の最後には、「生前に帝がお使いになったものを眼にすると、その頃のことを思い出して、泣き崩れてしまいます。(だから)それらの御遺愛品を、謹んで盧舎那仏に献じ奉ります。どうかその善因によって極楽往生を遂げさせてあげてください」と書かれた。

 その遺愛品が、正倉院の品々になったのである。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2232文字/本文:2675文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次