読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1061227
0
日本史の中の世界一
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
15 世界最古、最大の和歌集──『万葉集』

『日本史の中の世界一』
[責任編集]田中英道 [発行]扶桑社


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



天皇から庶民までの四、五一六首
『万葉集』は、天皇から庶民までほとんどあらゆる階層を含んだ歌人による、七、八世紀に歌われた和歌の日本最古の歌集である。しかしそれだけでなく、四、五一六首という量的な意味でも世界最大のアンソロジー(選詩集)でもある。多くの詩歌を、批評的な目で選択し、編集するという事業そのものが、時代と人々の文化水準の高さを示している。この選集の裏に、どれほど多くの和歌が作られていたかを想像すると、この時代の文化の裾野の広さを感じる。

 無論、古さからいえばギリシャの詩で、紀元前八世紀のホメロス、ヘシオドスなどの歴史を語る叙事詩などがよく知られている。ただその内容は、日本の『古事記』や『日本書紀』に対応するもので、『万葉集』のような、多くの作家の作品を集めた詩の一大集成というものではない。その見地からすれば、紀元前一世紀に詩人メレアグロスが編集した『花冠』Stephanosは、古典期の前七世紀から前三世紀の詩人四十七名を選び、自分の作品を加えた詩選集である。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1973文字/本文:2412文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次