読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1061231
0
日本史の中の世界一
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
19 世界最初の長編小説──紫式部の『源氏物語』

『日本史の中の世界一』
[責任編集]田中英道 [発行]扶桑社


読了目安時間:6分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



現代文学のような『源氏物語』
『源氏物語』は現代文学のようだとよくいわれる。

 そこに描かれた微妙な感情と言葉は、およそ近代人が思っている「古代」の「封建的な」人間関係の中で閉じ込められた社会とは考えられないほど繊細だからである。そこでの登場人物たちは、個性的に書き分けられており、源氏という主人公のみならず、女性の紫の上、(あおい)の上、六条御息所(ろくじようのみやすどころ)玉鬘(たまかずら)など、それぞれの言動が他人と混同させられることはない。

 そして物語が進行するにつれて、登場人物が年を取っていく様が見事に描かれ、どの時代にも変わらない人生の機微というものが表現されている。

 これは当時の日記文学が発達していた影響であろうが、日常的な個人の考え方が語られていたということである。まさにこの作品は、近代こそが個人の自由があるとか、個性の花が開いた、というような固定観念を打ち破る内容だといってよい。かえって現代文学の方が、人物が類型的になり、描き分けることができていないと感じられるほどである。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2118文字/本文:2569文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次