読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1061234
0
日本史の中の世界一
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
22 最も豊かに仮面を使った日本の演劇・能

『日本史の中の世界一』
[責任編集]田中英道 [発行]扶桑社


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



仮面劇の象徴性

 十四世紀に成立した日本の能は仮面劇といってよい。野間清六氏は『日本仮面史』で、「日本の仮面は、その品種の多い点に於て、又その作技の優れている点に於て、世界の仮面史に冠絶している」と述べている。そして「私は能面が仮面史上に誇り得る特色としては、個性的描写に進んだことと、顔面の写実を幽玄化したことと、悲劇面を作出したことの三つを挙げたいと思う」と語っている。

 仮面のバラエティーの豊かさによって、日本の能が世界の演劇史上、稀有(けう)なものである、ということはできないかもしれない。しかしその表情豊かな仮面は、日本の演劇・能の主人公たちの性格の豊かさとユニークさを物語っているといっても間違いではないであろう。それだけ仮面という造形的な面を際立たせて、その効果をねらった演劇はないということでもある。だが、すべての登場人物が仮面であるわけではない。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2000文字/本文:2381文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次