読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1061236
0
日本史の中の世界一
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
24 信長の軍事革命は世界一

『日本史の中の世界一』
[責任編集]田中英道 [発行]扶桑社


読了目安時間:7分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



軍事革命の三要件

 ヨーロッパは十六世紀に「軍事革命」を経験した。「軍事革命」とはG・パーカーの名著 The Military Revolution(『軍事革命』、邦訳名は『長篠合戦の世界史』同文舘)で人口に膾炙(かいしや)することになった世界史上の大事件である。パーカーが明らかにしたのは、ヨーロッパによる世界制覇は「十六世紀の軍事革命」によったという事実である。

 十六世紀の日本は戦国時代である。当時の日本も、実は、軍事革命を経験していた。では、ヨーロッパと日本を比べたとき、何がいえるのか。

 軍事革命の要件は三つある。第一は火器の発達、第二は軍隊の増強、第三は要塞の強化である。ヨーロッパが軍事革命の只中(ただなか)にあった十六世紀半ば、日本列島に最初のヨーロッパ人が姿を見せた。一五四三年、種子島に中国ジャンク船(船長五峯)が漂着したが、そこに「南蛮人(ポルトガル人)」が乗船しており、彼らは火縄銃を持っていた。それを見た種子島領主の時堯(ときたか)は弱冠十代後半の青年であったが、大枚を投じてそれを購入した。

 南浦文之『鉄炮記』(一六〇七年成立。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2577文字/本文:3054文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次