読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1061253
0
日本史の中の世界一
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
41 パーフェクト・ゲームとなった日本海海戦(日露戦争)

『日本史の中の世界一』
[責任編集]田中英道 [発行]扶桑社


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



皇国の興廃この一戦にあり

 世界の海戦史上、日本海海戦ほど一方的な大勝利となった戦いは、他には例がない。

 日本海海戦は明治三十八年(一九〇五)五月二十七日と二十八日、日本の連合艦隊とロシアのバルチック艦隊が激突した、日露戦争のクライマックスとなった海戦である。

 当時のロシアは世界最大の陸軍を擁し、海軍も日本の三倍近い戦力を保有していたが、太平洋・黒海・バルト海等に分散配置しており、旅順及びウラジオストクの太平洋艦隊(第一太平洋艦隊)だけでは日本の連合艦隊に対抗できなかった。そのため、バルト海艦隊から抽出したバルチック艦隊(第二太平洋艦隊)と補助艦隊(第三太平洋艦隊)を編成し、極東に派遣した。

 バルチック艦隊を率いる司令長官はロジェストヴェンスキー提督で、戦艦八隻・海防戦艦三隻・装甲巡洋艦三隻・巡洋艦六隻を主力とし、第一・第三太平洋艦隊と合わせれば日本側の二倍の戦力があった。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1979文字/本文:2370文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次