読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1061256
0
日本史の中の世界一
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
44 世界一の戦艦大和

『日本史の中の世界一』
[責任編集]田中英道 [発行]扶桑社


読了目安時間:6分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



戦艦大和はなぜ造られたのか

 昭和十六年(一九四一)十二月十六日、(くれ)海軍工廠(こうしよう)で一隻の戦艦が竣工し、軍艦旗を掲揚した。戦艦大和(やまと)である。八日前の十二月八日には、日本海軍機動部隊のハワイ真珠湾攻撃で、日米は戦端を開いていた。日本海軍が、この世界最大最強の戦艦の完成に大きな期待を寄せていたことは疑いない。

 その概要は、基準排水量:六五、〇〇〇トン、全長:二六三メートル、全幅:三八・九メートル、馬力:一五万馬力、速力:二七ノット、主砲:46センチ三連装砲塔三基、副砲:15・5センチ三連装砲塔四基、高角砲:12・7センチ連装砲塔六基、機銃:25ミリ三連装機銃八基、航空機:六機。

 そして、この巨艦は、世界のどこの海軍の戦艦にもない46センチ主砲弾に対する防御を備えていた。すなわち、同時代のどの戦艦と戦っても無敵ということができるだけの攻撃力と防御力を持っていたのである。

 日本海軍は、なぜこのような巨艦の建造を求め、そして実行したのであろうか。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2170文字/本文:2605文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次