読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1061260
0
日本史の中の世界一
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
48 日本のマンガ・アニメが世界をリードする!

『日本史の中の世界一』
[責任編集]田中英道 [発行]扶桑社


読了目安時間:7分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



グローバル社会をリードするマンガ・アニメ大国日本

 日本の娯楽文化産業としての国際競争力は、世界でも抜群の強さを誇っている。マンガ、アニメ、カラオケ、ゲーム、ケータイ、家電、音楽、ファッション。「ジャパンクール」「カワイイ」「オタク」は、世界の共通語になりつつある。いまや、日本から発信される新作の大衆文化商品やソフトなどの情報を、世界中の人々が待ち望むような時代となっている。

 とりわけ世界中が憧れるマンガ・アニメ大国が日本である。最盛時に日本のマンガは年間約五億冊が出版され、四千本ものテレビアニメが放映されていた。出版が累計一億冊を超える日本のマンガには、『ドラえもん』『名探偵コナン』『SLAM DUNK』『ONE PIECE』『ゴルゴ13』など多数が挙げられる。これに翻訳や海賊版を合わせれば、もう想像もつかない数の日本のマンガが世界では読まれている。アニメの国内市場は約二千億円ほどだが、世界では二兆〜三兆円に上ると見られ、そうした世界で放映されるアニメの六割以上は日本製である(山口康男編著『日本のアニメ全史』)。史上初めて日本映画で全米興業成績ナンバーワンとなったのは『ポケットモンスター』であり(一九九九年)、ポケモンはトレーディングカードやゲームなど関連商品の売り上げだけで年間一兆円を超える人気キャラクター群を誇っている。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2582文字/本文:3153文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次