読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1061261
0
日本史の中の世界一
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
49 自然環境との調和、森林の保存の歴史

『日本史の中の世界一』
[責任編集]田中英道 [発行]扶桑社


読了目安時間:6分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



先進国の中で最も森林の多い国

 自然環境との調和が叫ばれるようになって、日本の環境思想といったものがいったい何であるか、問われるようになった。すでにこの書でも、世界一の「八百万(やおよろず)の神々」の項で述べたように、日本人が自然神を神道の一環として信仰し、自然を敬う伝統を持っていることを述べた。

 自然を征服し、コントロールしようとする人間中心主義の西洋や中国の、自然破壊に対するアンチ・テーゼとして打ち出すこともできる思想である。明治初期に日本に来たフランス人、エミール・ギメは次のようにいった。
「初めから日本人は、自分たちを取り巻いている自然に驚嘆していた。日本人は慈悲深い大地と、魚がたくさんいる海を崇拝した。神々が彼らを幸福にしてくれるのだと心底から考えた。熱と、光と、肉体の喜びや見る喜びを与えてくれ、目の前で汁気の多い果物を熟させ、足元には見事な花を咲かせ、網の中においしい魚を投げ入れる超自然の力に、彼らは大いに感謝していることを示した。そこで日本人は黙想し、手を合わせ、頭を下げて礼拝したのだ。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2271文字/本文:2726文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次