読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1061265
0
日本史の中の世界一
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
著者紹介

『日本史の中の世界一』
[責任編集]田中英道 [発行]扶桑社


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

【執筆者略歴】(以下五十音順)
飯嶋治(いいじま・おさむ)
昭和三十五年(一九六〇)生まれ。宇都宮大学教育学部卒。現在、栃木県公立中学校教諭。
石井昌浩(いしい・まさひろ)
昭和十五年(一九四〇)生まれ。早稲田大学法学部卒。東京都立教育研究所次長、東京都国立市教育長、拓殖大学客員教授などを経て、現在、日本教育再生機構副理事長。東京造形大学講師。著書に『学校が泣いている』(産経新聞ニュースサービス)などがある。
磯前秀二(いそまえ・ひでじ)
昭和二十七年(一九五二)生まれ。東京大学農学部農業経済学科卒。農学博士。文部省教科書調査官(経済学担当)を経て、現在、名城大学教授。専攻は生物資源経済学。著書に『愛国心の経済学』(扶桑社新書)などがある。
笠谷和比古(かさや・かずひこ)
昭和二十四年(一九四九)生まれ。京都大学文学部卒。同大学院文学修士・文学博士。現在、国際日本文化研究センター教授。著書に『武士道と日本型能力主義』(新潮選書)、『関ヶ原合戦と大坂の陣』(吉川弘文館)、『主君「押込」の構造』(講談社学術文庫)などがある。
勝岡寛次(かつおか・かんじ)
昭和三十二年(一九五七)生まれ。早稲田大学第一文学部卒。同大学院博士課程修了。現在、明星大学講師、同大学戦後教育史研究センター勤務。著書に『韓国・中国「歴史教科書」を徹底批判する』(小学館文庫)、『抹殺された大東亜戦争』(明成社)、監修書に『日本人なら知っておきたい近現代史50の検証』(展転社)などがある。
川勝平太(かわかつ・へいた)
昭和二十三年(一九四八)生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。同大学院博士課程修了。オックスフォード大学哲学博士。早稲田大学教授、国際日本文化研究センター教授を経て、現在、静岡文化芸術大学学長。著書に『文明の海洋史観』(中公叢書)、『経済史入門』(日経文庫)などがある。
小林弘治(こばやし・こうじ)
昭和三十一年(一九五六)生まれ。国学院大学文学部卒。現在、千葉県八千代市立大和田中学校教諭。中学校社会科教育に携わり、『中学校社会科における形成的評価の研究』等の論文がある。扶桑社版、中学社会改訂版『新しい歴史教科書』、新訂版『新しい公民教科書』執筆者。
竹田恒泰(たけだ・つねやす)
昭和五〇年(一九七五)生まれ。明治天皇の玄孫にあたる。慶應義塾大学法学部卒。現在、慶應義塾大学大学院法学研究科講師。著書に『語られなかった皇族たちの真実』(小学館、山本七平賞受賞)、『皇室へのソボクなギモン』(扶桑社)、『旧皇族が語る天皇の日本史』(PHP新書)などがある。
伊達宗行(だて・むねゆき)
昭和四年(一九二九)生まれ。東北大学理学部物理学科卒。理学博士。大阪大学教授、日本原子力研究所先端基礎研究センター長、日本物理学会会長、日本学術会議第4部長などを歴任。大阪大学名誉教授。著書に『新しい物性物理』(講談社ブルーバックス)、『「数」の日本史』(日経ビジネス人文庫)などがある。
角山榮(つのやま・さかえ)
大正十年(一九二一)生まれ。京都帝国大学経済学部卒。経済学博士。和歌山大学教授、同大学長、堺市博物館館長などを歴任。和歌山大学名誉教授。著書に『茶の世界史』『時計の社会史』(以上、中公新書)、『堺――海の都市文明』(PHP新書)などがある。
土井郁磨(どい・いくま)
昭和四十二年(一九六七)生まれ。中央大学文学部卒。同大学院博士課程満期中退。中央大学非常勤講師、東北女子短期大学講師、NHK文化センター講師などを経て、現在、日本教育再生機構主任研究員。亜細亜大学非常勤講師。
一成(とだか・かずしげ)
昭和二十三年(一九四八)生まれ。多摩美術大学美術学部卒。(財)史料調査会理事、「昭和館」図書情報部長を経て、現在、呉市海事歴史科学館(大和ミュージアム)館長。著書に『戦艦大和に捧ぐ』(PHP研究所)、『秋山真之戦術論集』(中央公論新社)などがある。
新田均(にった・ひとし)
昭和三十三年(一九五八)生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。同大学院博士課程満期中退。博士(神道学)。現在、皇學館大学教授。著書に『「現人神」「国家神道」という幻想』『日本を貶める人々』(PHP研究所)などがある。
松浦光修(まつうら・みつのぶ)
昭和三十四年(一九五九)生まれ。皇學館大学文学部卒。同大学院博士課程修了。博士(神道学)。現在、皇學館大学教授。著書に『やまと心のシンフォニー』(国書刊行会)、『夜の神々』(慧文社)、『日本を虐げる人々』(PHP研究所)などがある。
三浦朱門(みうら・しゅもん)
大正十五年(一九二六)生まれ。東京大学文学部卒。作家。文化庁長官などを歴任。平成十一年、正論大賞受賞、文化功労者。現在、日本藝術院院長。近著に『うつを文学的に解きほぐす』(青萠堂)、『常識として知っておきたい「世界の中の日本」』(海竜社)などがある。


[責任編集・執筆者略歴]
田中英道(たなか・ひでみち)
昭和17年(1942)生まれ。東京大学文学部(仏文科・美術史学科)卒。文学博士。現在、東北大学名誉教授、国際教養大学特任教授、国際美術史学会副会長。著書に『日本美術全史』(講談社)、『イタリア美術史』(岩崎美術社)、『国民の芸術』(扶桑社)、『聖徳太子虚構説を排す』(PHP研究所)など多数。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:-16文字/本文:2154文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次