読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1061641
0
だてマスク依存症〜無縁社会の入口に立つ人々〜
2
0
0
0
0
0
0
ルポ・エッセイ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
◎本当に怖いのは、知人や友人に本心を隠すこと

『だてマスク依存症〜無縁社会の入口に立つ人々〜』
[著]菊本裕三 [発行]扶桑社


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 本来、家族や友人などの親しい間柄の人が相手だからこそ、人は自らの悩みを打ち明け、些細なグチでもこぼすことができるのではないのか。

 だが、「聞き上手倶楽部」のクライアントさんのなかにも、本音を出さず自分の心を装ったり、実際に[だてマスク]をつけている人は多い。また、それ以外にも、自分の素顔を隠し、別の自分になるために心にマスクをつけている人もいる。実際には、日常的につけている人以上に、そのような目に見えないマスクをしている人のほうが多いのではないか。

 そんな人たちにとって、別の自分になるための[だてマスク]は“仮面”と言ってもいいだろう。とはいえ、人は誰しもこうした“仮面”の一つや二つは持っているものだ。会社にいるときは「オフィシャルな自分」を演じる“仮面”を、女性とのデートのときは「とびきりカッコイイ自分」を演じる“仮面”を、というように。

 ただ問題なのは、彼らはあまりにも本当の自分とかけ離れた、自分を装うための“仮面”をつけてしまっていることだ。こうした人たちの状況は、より深刻かもしれない。そして、“仮面”を外して本音を話すために「聞き上手倶楽部」に電話をかけてくることになる。私たちは、ストレスを溜めすぎて、本音を吐き出すことができなくなっている彼らの受け皿になっているのだ。
[だてマスク]をつける理由は人それぞれだが、彼らの悩みや不安の種類は多岐にわたる。その種類ごとにいくつかケースを挙げ、なぜ友人や身内ではなく“他人”である私に心を打ち明けるのか? その心理を探っていきたい。まず、男性に特に多い、会社の人間関係の悩みから述べていこう。

 

 
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:0文字/本文:683文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次