読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1061649
0
だてマスク依存症〜無縁社会の入口に立つ人々〜
2
0
0
0
0
0
0
ルポ・エッセイ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
◎実際に[だてマスク]をつけているのは中高生だけではない

『だてマスク依存症〜無縁社会の入口に立つ人々〜』
[著]菊本裕三 [発行]扶桑社


読了目安時間:1分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 メディアの報道を見ると、[だてマスク]は若者に特有の現象のような論調だ。

 しかし、私たち「聞き上手倶楽部」に電話をかけてくるクライアントの中には、実際につけているという社会人も少なくない。

 若者特有の現象という報じ方は、多感な時期にいろいろなことに悩み、大人になれば問題を解決し[だてマスク]を自然に外すだろう……といった、あたかも一過性の現象であるかのような、いわば楽観的な意味合いを嗅ぎ取ってしまうのは、私の考えすぎだろうか。

 日々、クライアントさんからの相談や悩み事を聞いていると、ストレスに満ちれた現代社会ではむしろ大人のほうが[だてマスク]を欲しているようにもみえるし、実際に人との接触を嫌い、街中でつけているという人の話を聞くことも少なくないのだ。

 彼らの悩みは深く、抱えているストレスは大きい。

 なぜ彼らが[だてマスク]を実際につけているのか? 今回、私はあえてその理由をクライアントさんに直接聞いてみた。前章と同様に守秘義務を守り、個人情報に配慮しつつ、その心理に迫ってみよう。

 

 
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:0文字/本文:450文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次