読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1061651
0
だてマスク依存症〜無縁社会の入口に立つ人々〜
2
0
0
0
0
0
0
ルポ・エッセイ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
◎部下にも気を配りすぎる「名ばかり管理職」

『だてマスク依存症〜無縁社会の入口に立つ人々〜』
[著]菊本裕三 [発行]扶桑社


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 その頃、プレッシャーからは何とか解放されたようだが、中間管理職の原田さんはもっと大きな悩みを抱えていた。それは、当初は「現場を知らない上司からは無理な注文が下され、部下は自分に好き勝手な文句を言ってくる」という、中間管理職にありがちなものに思えた。
「ウチの会社で中間管理職は僕だけなんです。僕自身、会社では若手の部類で、年上の部下も結構います。とはいっても、『名ばかり管理職』みたいなもんですけどね(苦笑)。人や仕事を管理するだけでなく、僕も現場で動いていますし。

 部下をどこの現場に行かせるかを決めるのも僕の仕事で、やっぱり古株の人にはクレームがよくくるような面倒くさい現場や、会社から遠く離れた現場には行かせづらい。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1425文字/本文:1736文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次