読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1061666
0
だてマスク依存症〜無縁社会の入口に立つ人々〜
2
0
0
0
0
0
0
ルポ・エッセイ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
第五章 菊本裕三×春日武彦・緊急対談[だてマスク]は、こんなに危ない!

『だてマスク依存症〜無縁社会の入口に立つ人々〜』
[著]菊本裕三 [発行]扶桑社


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

「なんとなく安心する」
「イヤな人と出くわしても、やり過ごせる」

 こんな理由から1020代を中心につける人が目立ち始めた[だてマスク]。一見、若者特有の流行に似た現象にも思われたが、現在では30代の社会人にもこれをつける人が増えているようだ。

 私が代表を務める電話話し相手サービス「聞き上手倶楽部」には悩みや不安を抱える多くのクライアントさんがいるが、このなかにも[だてマスク]を現実につけている人がいたのは少なからず驚きだった。そんなケースのいくつかを紹介してきたが、彼らがなぜ[だてマスク]をつけるようになったのか、また、[だてマスク]をつけているとメンタルや実生活にどのような影響を及ぼすのかを私なりに考察してきたが、残念ながらこれはという核心にはいま一歩及ばないようだ。

 そこで精神科医として豊富な臨床経験を持つ春日武彦氏との対談を通して、[だてマスク]の実態を解き明かそうと試みた。精神的にも現実の人間関係にも悪影響を与えると思われる[だてマスク]だが、つけている人の多くはその安心感からか、なかなか外そうとはしないようだ。そればかりか、新たにつけたいと考える人も徐々に増えている。

 振り返れば「聞き上手倶楽部」は、急増していたうつ病を発症の手前段階で予防することが設立の目的の一つだった。専門医としての知識に富み、ユーモアれる語り口で知られる春日氏の力を借りて、[だてマスク]をつけることを予防し、今、[だてマスク]をつけている人がこれを外す一助になればとの思いで対談に臨んだ。

 
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:0文字/本文:646文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次