読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1061681
0
だてマスク依存症〜無縁社会の入口に立つ人々〜
2
0
0
0
0
0
0
ルポ・エッセイ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
◎「個性」が[だてマスク]を外すのを邪魔する

『だてマスク依存症〜無縁社会の入口に立つ人々〜』
[著]菊本裕三 [発行]扶桑社


読了目安時間:8分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

春日 菊本さんのところへ電話をかけてくるような人ならまだいいんですが、そういうことすら拒絶するような人だと、やはりスタンダードから離れていくことになるでしょうね。でも、そこで「オンリーワンでいい」というような個性を過剰に重視するような、ちょっとどうかと思う価値観がこうした動きをさらに助長する。だから、まずはつまらない自尊心を捨てることが大事なんです。あなたの考える個性なんて、品質のばらつき程度のものでしかない、ということを知るべきです。せいぜい誤差の範囲内の話ですよって(笑)。
菊本 「個性」と「奇抜」をはき違えている人って、すごく多いですよね。
春日 いわゆる「不思議ちゃん」みたいな人って、「私って変わっているでしょう?」とか、さも自慢げに言いますからね。別にそれほどでもないのに(笑)。個性的=善のような誤った価値観を持っている。
菊本 ただ、そういう人たちは、春日先生が指摘された「ガングロ」に代表されるように、うまい具合に人との距離感やバランスが取れていたりもする。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:3200文字/本文:3638文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次