読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1062071
0
今だから言える日本政治の「タブー」
2
0
0
0
0
0
0
政治・社会
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
●国際ジャーナリストの確かな良識

『今だから言える日本政治の「タブー」』
[著]田原総一朗 [発行]扶桑社


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 実は一九九一年二月二四日放送のわたしのコーナーでは最初から湾岸戦争も採り上げるつもりだったが、もう一つ四月に予定されていた東京都知事選を採り上げることになっていた。そのためスタジオには、都知事選の候補者の一人である磯村尚徳に来てもらっていた。

 この都知事選は小沢一郎にとって重要な意味を持っていた。自民党幹事長だった小沢は公明党と民社党との共同推薦候補を擁立することにし、その候補者としてNHKのニュースキャスターとして人気を集めた磯村に白羽の矢を立てた。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1127文字/本文:1356文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次