読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1062075
0
今だから言える日本政治の「タブー」
2
0
0
0
0
0
0
政治・社会
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
●スタジオに殺到する新聞記者

『今だから言える日本政治の「タブー」』
[著]田原総一朗 [発行]扶桑社


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 時間を少し戻すと、一九九一年一〇月五日に海部内閣の退陣が事実上決まると、にわかに「ポスト海部」が注目を集めることになる。ここでも「当事者を出す」という『サンプロ』をやるうえでの原則を、わたしは守った。一〇月一三日の『サンプロ』で、宮澤喜一、渡辺美智雄、三塚博という自民党総裁候補として名前があがっていた三人に出演してもらった。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1153文字/本文:1317文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次