読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1062154
0
今だから言える日本政治の「タブー」
2
0
0
0
0
0
0
政治・社会
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
●飽き飽きされた自民党

『今だから言える日本政治の「タブー」』
[著]田原総一朗 [発行]扶桑社


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 二〇〇八年の一一月に入ってからのことだったと思うが、わたしは麻生首相に会った。そして、「なぜ解散しないんだ?」と訊いた。それに麻生は、困り果てた表情で答えた。
「解散しようと思っていたら、どんどん景気が悪くなってきて、景気対策のほうが大事になってきて解散できなくなった」

 大不況に対応する景気対策を打つには、あまりにも麻生内閣の顔ぶれは貧弱だった。その感想を正直に、わたしは麻生に伝えた。これにも麻生は困った顔で答えた。
「もともと解散するための内閣なんだからね。(長続きしないから)しがらみのある人ばっかりを大臣にしちゃった」
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1801文字/本文:2065文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次