読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1062758
0
ニッポン犯罪狂時代
2
0
0
0
0
0
0
ルポ・エッセイ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
・滅びゆくピンクサロン

『ニッポン犯罪狂時代』
[著]北芝健 [発行]扶桑社


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 その一方、店舗型の風俗店、わけても庶民にとっての廉価風俗の雄であったピンクサロンは衰退の一途をたどる。

 そもそも、ファッションヘルスとピンクサロンは業種としてまったく違った種類である。警察の分類からすると、個室型ファッションヘルスは「店舗型性風俗特殊営業」である。昭和六〇年の新風営法に基づき雨後の竹の子のごとく現れたが、現在は新規出店をほとんど認めておらず、以前に届け出を行った業者だけが細々と営業している。

 一方のピンクサロンは、というと風適法のくくりにあるものの、分類としては「接待飲食等営業」である。カフェーなどという古めかしい言葉を未だに使っていることからもわかるように、警察としては社交風俗店という認識であり、裸になってサービスをしてよいという許可を与えているわけではないのである。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1215文字/本文:1563文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く

      今レビューすると30ポイントプレゼント! 今レビューすると15ポイントプレゼント! 犬耳書店で初めてのレビューはさらに30ポイント! ポイント詳細はこちら

      この本の目次