読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1062764
0
ニッポン犯罪狂時代
2
0
1
0
0
0
0
ルポ・エッセイ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
・死刑と無期懲役の狭間で

『ニッポン犯罪狂時代』
[著]北芝健 [発行]扶桑社


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
1
| |
文字サイズ



 平成九年四月一八日夕刻、仕事を終えた日本たばこ産業の女性職員Kさん(四四歳)は渋谷区にある同社東京支店を出た。友人五人とサークル活動をしたのち、帰路につく。午後九時一五分頃、江東区大島六丁目の「住宅・都市整備公団大島六丁目団地」一号棟四階のエレベーターホールで男に襲われる。
「七年前のことを覚えているか」

 男は恐怖心を煽ると、刃渡り二〇センチの包丁でKさんの腹部など四ヵ所を刺し殺害。現金やクレジットカードの入ったハンドバッグを奪った。

 マンションの階段から都営新宿線大島駅に向かう道路や、逃走に使ったとみられるタクシー内に残っていた血痕の血液型から、四月二六日、警視庁城東署の捜査本部は、千葉県船橋市咲が丘四丁目、土木作業員の持田孝(五四歳)を殺人の疑いで逮捕した。

 持田は平成元年一二月、飲食店で知り合ったKさんに乱暴して全治二週間の怪我を負わせた。さらに強姦事件をネタに一〇万円を脅し取ろうとしたが、Kさんが警察に届け出たため逮捕され懲役七年の実刑判決を受けた。服役中も逆恨みの感情を抱き続けた持田は、出所直後よりKさんの自宅を探し続け、二ヵ月後、犯行に及んだのであった。凶器となった包丁はあらかじめ、滑り止め用のテープを巻き付けていたという。持田は昭和五一年、付き合っていた家出中の女子高生に別れ話を持ち出され逆上、広島市のホテルで殺害した前科をもっていた。

 人間のクズである。いや人間の風上にも置けない。

 平成一一年五月二七日、殺人などの罪に問われ死刑を求刑された持田に対し、東京地裁の山室恵裁判長は、
「今回の被害者は一人で、動機は金目当てでなく個人的恨みだった。計画性はあるが周到とは言えず、法廷での謝罪の言葉も口先だけとは断定できない」
「被告には人間性の一端が残っており、極刑がやむを得ない、とまでは言えない」

 と無期懲役の判決を下す。

 東京地検の斉田国太郎次席検事は、
「死刑求刑が受け入れられなかったことは極めて遺憾で、承服しがたい」とのコメントを残し控訴する。

 昭和四三年一〇月から一一月にかけて、何の落ち度もない四人を短銃で射殺した「永山事件」の上告審で最高裁は八三年七月、「犯行の罪質、動機、殺害の手段方法の執拗性・残虐性、殺害された被害者の数、遺族の被害感情、社会的影響など諸般の情状を併せ考察したとき、その罪質が誠に重大であって、罪刑の均衡の見地からも一般予防の見地からも極刑がやむを得ないと認められる場合には、死刑の選択も許される」との一般判断を示した。死刑選択の許される基準を示した永山判決である。

 一審はこの流れにそった判断であったと思われる。

 平成十二年二月二八日、東京高裁の仁田陸郎裁判長は、
「被害者が一人であっても諸般の犯状・情状を考慮して極刑選択がやむを得ない場合がある」と述べ、一審が無期懲役を選択したそれぞれの事情は「いずれも十分なものではない」と結論。死刑もやむを得ないとの判断を下した。

 判決で注目すべきは、
「被害を警察に届け出るという当然の行為に対する筋違いの恨みから殺害に至った犯行は理不尽の極み」
「性犯罪被害者らに被害申告をちゅうちょさせるという悪影響を与えかねない」とのくだりである。

 誰もが毅然と犯罪を警察に申し立てることを阻害するヤカラに厳罰を下したのだった。こういう判決文を読むと司法との信頼関係がいかに大切であるかを痛感する。

 斉田次席検事は、
「刑事司法の信頼を根底から踏みにじったいわゆる報復殺人であることなどから、被告人を死刑に処した裁判所の判断は誠に適正妥当なものと考える」との談話を残した。

 ちなみに最高裁第二小法廷(滝井繁男裁判長)は平成一六年一〇月一三日、被告弁護側の上告を棄却する判決を言い渡し、持田の死刑は確定した。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
1
残り:0文字/本文:1549文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く

      今レビューすると30ポイントプレゼント! 今レビューすると15ポイントプレゼント! 犬耳書店で初めてのレビューはさらに30ポイント! ポイント詳細はこちら

      この本の目次