読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1062796
0
ニッポン犯罪狂時代
2
0
0
0
0
0
0
ルポ・エッセイ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
・紋切り型のキャリア批判

『ニッポン犯罪狂時代』
[著]北芝健 [発行]扶桑社


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 警察批判の本は多数あるが、きまって俎上(そじょう)にあげられるのはキャリア制度である。ちなみに警察内部では有資格者と呼んでいる。

 反体制を気取りたいのかもしれないが、エリートを批判していれば、それがそのまま社会に対する批判になるという考え方は、浅はかとしか言いようがない。

 まず私が言いたいのは、キャリア制度は霞が関の官庁にすべてあてはまる問題なのに、どうして警察だけ取りざたされるのか、ということである。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:644文字/本文:848文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く

      今レビューすると30ポイントプレゼント! 今レビューすると15ポイントプレゼント! 犬耳書店で初めてのレビューはさらに30ポイント! ポイント詳細はこちら

      この本の目次