読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-1
kiji
0
1
1062835
0
韓流エンタメ日本侵攻戦略
2
0
1
0
0
0
0
ビジネス
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
◎渋谷109前、暴動勃発!

『韓流エンタメ日本侵攻戦略』
[著]小野田衛 [発行]扶桑社


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
1
| |
文字サイズ

「渋谷109前で行なわれたKARAのゲリラライブに3000人が殺到、30分を予定していたイベントが3分で中止に!」
「ヒップダンス旋風が日本上陸、KARAデビュー握手会に1万人が集結!」


 そんな威勢のいい報道が続く2010年8月は、韓流の歴史においても、日本の芸能史においても特別に意味のある1カ月だったように思う。日韓の芸能地図を塗り替えた、非常に重要な転換点だったことは間違いない。

 当時の状況を整理しよう。年半ばに入ってから、ガールズ勢を中心に韓国発のアイドルグループが次々と日本進出を発表する。ワイドショーやスポーツ新聞も、連日これをド派手に報道。彼女たちはK‐PОPグループと呼ばれていた。

 そしてそんな降ってわいたような「K‐PОPシンドローム」の中心にいたのが、「ヒップダンス」で注目を集めるKARA、それに「美脚」をウリにする少女時代だった。

8月11日 KARA、日本デビュー曲『ミスター』発売
8月11日 少女時代、DVD『少女時代到来〜来日記念盤〜』発売
8月13日 KARA、渋谷109前でゲリラライブ
8月14日 KARA、新木場スタジオ・コーストで握手会イベント
8月25日 少女時代、有明コロシアムでショーケース・ライブ


 そして「黒船襲来」の集大成となったのが、有明コロシアムで行なわれた少女時代のショーケース・ライブだったのである。

 これはDVD購入者のみが参加可能というファン限定お披露目的なイベントだったが、DVDはなんと予約の時点で完売。レコード会社の予想をはるかに上回る反響で、発売日に商品が店頭に並ばない異常事態となる。そこで急遽、3回公演に切り替えられたものの、そもそもデビュー前の新人(『Genie』で正式に日本デビューするのは9月8日)が1万人規模の公演を行なうこと自体、前代未聞だった。

 こうして異例づくしで開催された当日の会場・有明コロシアムでは、異様なまでの熱気をはらんだまま、のべ2万2000人ものファンが集結したのである。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
1
残り:0文字/本文:834文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次