読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1062859
0
韓流エンタメ日本侵攻戦略
2
0
0
0
0
0
0
ビジネス
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
◎恨の精神とアメリカ移民

『韓流エンタメ日本侵攻戦略』
[著]小野田衛 [発行]扶桑社


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 年代中盤までの韓国音楽シーンは、韓国特有のバラードとトロット(韓国演歌)が幅を利かせていた。そこには「恨」の精紳がベースにある。

 恨というのは韓国人メンタリティを語る上で避けては通れないテーマだ。恨は現象ではなく精神性だから、定義するのは非常に難しい。韓国人に聞いても、それぞれ異なる解釈の答え方をするほどだ。そのへんは日本人が「わび・さび」のニュアンスを外国人に伝えるのと同じことかもしれない。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:874文字/本文:1073文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次