読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1062877
0
韓流エンタメ日本侵攻戦略
2
0
0
0
0
0
0
ビジネス
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
◎国策としてのアイドル

『韓流エンタメ日本侵攻戦略』
[著]小野田衛 [発行]扶桑社


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 国策としてのK‐POP、そのことが改めて大きく注目されたのは年2月6日に放送された情報番組『Mr.サンデー』(CX)における木村太郎氏による発言だろう。同番組の「K‐POPにハマる女たち 韓流男子にひかれるワケ」という企画内で木村氏は「韓国政府の中に(国家)ブランド委員会というのがあり、K‐POPをブランド化するために広告代理店にYouTubeのK‐POP動画をたくさん再生するよう依頼している」と指摘したのだ。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1003文字/本文:1211文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次