読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1063381
0
病院の上手な使い方
2
0
0
0
0
0
0
くらし
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
深夜の病院。身内の死後すぐに葬儀屋が来た。葬儀屋と病院の関係とは?

『病院の上手な使い方』
[著]木村憲洋 [発行]扶桑社


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 病院が死者と縁の深い場所であるのはいうまでもない。

 オープンしたての葬儀会社は、必ずといっていいほど病院に営業に行くといわれる。自宅で亡くなる人が増えているとはいえ、死者が最も多く存在するのは日本の場合、病院であり、少なからぬ病院が、エリアごとに何社かの葬儀会社と契約を結んでいるといわれる。患者の死亡が確認されると、病院事務を通じて葬儀会社に連絡が取られることも少なくない。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:706文字/本文:895文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次