読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1063748
0
決定版・日本史
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
◎南北朝の争い

『決定版・日本史』
[著]渡部昇一 [発行]扶桑社


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 その頃、宋の禅宗とともに朱子学(しゆしがく)が日本に入り、流行する。朱子学は元に押されて南に追いやられながらも生き延びた南宋の学問だから、正統論を唱える。つまり、異民族の蒙古の支配に対して自分たちこそ正統であるという意識と大義名分(たいぎめいぶん)に敏感であったのである。この朱子学の正統思想、大義名分論が日本の宮廷をはじめとして方々に入る。

 その宋学(そうがく)流行(はや)った頃に、皇室に皇位継承のゴタゴタが起こった。皇位をめぐって皇族同士が争うことは世界の歴史上少なくない。皇室の相続問題でもめると決まって天下は乱れる。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1656文字/本文:1921文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次