読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1063822
0
コンプライアンスが日本を潰す 新自由主義との攻防
2
0
0
0
0
0
0
経済・金融
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
◆「タクシー規制緩和」を導いた「新自由主義」

『コンプライアンスが日本を潰す 新自由主義との攻防』
[著]藤井聡 [発行]扶桑社


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 恐らくここまで読み進められた読者の方々の多くは、なんて馬鹿馬鹿しい話なのだろう――とお感じになったのではないかと思います。そもそも、タクシーの台数規制の緩和をすれば混乱することは、世界中の街々の経験から明らかだったわけですから。

 ではなぜ、そんな馬鹿馬鹿しい愚かなことがなされてしまったのか――これこそ、(法令遵守ならぬ)かの、日本人の「コンプライアンス根性」とでも言うべきものが、最大の原因だったのです。

 では、そのタクシー市場に大混乱をもたらした法令改正を導いた「コンプライアンス」は、一体「何」にコンプライアンスしよう(=従おう)としたのかというと――「新自由主義」なのです。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1702文字/本文:1994文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次