読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1063854
0
コンプライアンスが日本を潰す 新自由主義との攻防
2
0
0
0
0
0
0
経済・金融
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
◆「新自由主義」という猟犬を日本に差し向けたアメリカ

『コンプライアンスが日本を潰す 新自由主義との攻防』
[著]藤井聡 [発行]扶桑社


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 しかし、タクシー業界も建設業界も、80年代までの限定的な実効性しか持ち合わせていなかった独占禁止法であったなら、日本経済が崩壊させられるようなことはありませんでした。90年代から急激に強化させられた独占禁止法だったからこそ、大打撃を受けることになったわけです。

 そして、そんな独占禁止法の強化を迫ったのは、アメリカでした(それ以前に、その独占禁止法を、日本に埋め込んだのも、先に指摘したように、アメリカだったわけですが)。

 自国の経済的利益の増進を狙って、日本の市場開放を長年狙い続けてきたアメリカが、80年代のアメリカの不景気、日本の好景気を目の当たりにして、より一層、日本に対する市場開放圧力を高めたその結果として、独占禁止法が、強化させられたのです。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1459文字/本文:1788文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次