読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1063861
0
コンプライアンスが日本を潰す 新自由主義との攻防
2
0
0
0
0
0
0
経済・金融
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
◆「緊縮財政」は、新自由主義の帰結

『コンプライアンスが日本を潰す 新自由主義との攻防』
[著]藤井聡 [発行]扶桑社


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 このように、日本という国の骨の髄にまで染み渡りつつある新自由主義でありますが、ここまで来れば、日本の政治を中心とした国の方向性そのものが、新自由主義的な方向へと変わっていくこととなります。

 その一つが、これまで何度も指摘した、「構造改革」路線ですが、新自由主義天国・日本では、それと微妙に異なる、もう一つの路線が国民的な大人気を博していくことになりました。

 それが、「緊縮財政」路線です。

 緊縮財政とは、一面においては、とにかく、政府の支出を減らしていく、という路線です。

 そしてそのために、日本の政府の仕事をどんどん「仕分け」していって、政府の仕事の中で民間にできることはとにかく民間にさせようとします。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1507文字/本文:1811文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次