読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1063913
0
革命的飲酒主義宣言
2
0
0
0
0
0
0
ルポ・エッセイ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
VOL.012 2009.09 江戸前に押されて絶滅寸前の大阪寿司を西麻布で食べてみる

『革命的飲酒主義宣言』
[著]坪内祐三 [著] 福田和也 [発行]扶桑社


読了目安時間:12分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 

    大阪寿司/坪内氏の大好物。箱に飯を入れ、〆鯖や穴子や小鯛(すずめ)などを載せて押しをする。押し寿司、箱寿司、棒寿司とも言う。江戸時代に江戸前の「握り寿司」が考案されるまでは、保存の効く押し寿司が一般的だった。だがファストフードである江戸前寿司が国内外を席巻し、今では関西でも大阪寿司の店が少なくなってしまった。



 

 
坪内 オレ、大阪寿司が好きなんだけど、西麻布のこんなところに、専門店「梅好(ばいこう)」があるとはね。今は寿司といえば、江戸前の握り寿司でしょう。大阪でも、なかなか大阪寿司に出合えないんだよ。
福田 そうだよねえ。
坪内 大阪寿司を東京に広めた「京樽」の本社は人形町なんだよ(京都の割烹が昭和13年に人形町に料亭を出す)。
福田 角川春樹さんが刑務所に入ってたときに、刑務作業で「京樽」の箱を作らされてたと聞いて、うーん、食べにくいなと。
坪内 ははは。で、昭和27年からテイクアウトの店を都内のいろんなところに展開して。それで茶巾寿司を初めて目にしたって東京の人、けっこういた。オレの場合はね、子供のころ住んでた下高井戸の「旭鮨」で、大阪寿司になじんでいたんだよ。当時は、ちらし寿司や太巻きも、江戸前と関西風の2種類があったの。今は江戸前だけだけど、京王線沿線にけっこう展開してる。漫画『サザエさん』の初期に、よく出てくるんだよ。作者の長谷川町子って、下高井戸に住んでた『のらくろ』の田河水泡の弟子だったから。

 
江戸前寿司が高級ディナーになったのは、つい最近

 
坪内 大阪寿司って、今でも基本的にテイクアウトでしょう。作ってちょっと時間がたって、ネタとお米がなじんだ頃合いが美味しいってね。もちろん、店に上がって酒を飲みながらツマむのもありなんだけど。大阪・心斎橋筋の大丸の向かいにある「本・福寿司」の小上がりで、雑踏を見ながら、大阪寿司で酒を飲むのが、オレは好きなんだよ。
福田 大阪の「リーガロイヤルホテル」にも、大阪寿司の店がありますよね。酒の肴もある。

 

 
坪内 小鯛を押し寿司にした雀寿司と酒が、よく合うんだよ。
福田 あれはいい。ウイスキーにすごく合う。
坪内 なんで大阪寿司が廃れて、江戸前ばかりになっちゃったのか、ホントに謎だよ。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:4812文字/本文:5739文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次