読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1063921
0
革命的飲酒主義宣言
2
0
0
0
0
0
0
ルポ・エッセイ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
VOL.019 2009.11 中川昭一、加藤和彦、剛竜馬……突然の悲報が相次いだ

『革命的飲酒主義宣言』
[著]坪内祐三 [著] 福田和也 [発行]扶桑社


読了目安時間:12分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 

    加藤和彦自殺/ミュージシャンで音楽プロデューサーである加藤和彦氏が、'091016日、軽井沢のホテルで首つり自殺をした。享年62。「フォーク・クルセダーズ」以来、時代を先取りした多彩な音楽性で日本の音楽史に残る数々の名作を残してきたが、遺書には「今の世の中には本当に音楽が必要なのだろうか」と書かれていたという。



 

 
坪内 中川昭一、加藤和彦に続いて、剛竜馬が亡くなったねえ。
福田 あ、ほんと?
坪内 まだ53歳だよ。「国際プロレス」の元スターレスラー。死に方が怖いの。自転車運転中に手首を骨折して、傷口から細菌が入って、1018日に敗血症で死んじゃったんだよ。
福田 骨折個所から細菌が入って……って、あんまり聞かない死因だね。ちゃんとした医者に行けなかったんじゃない? それか、さぼって医者に行ってないか。
坪内 デビュー当時の剛竜馬って、本当に輝いていたんだよ。オレと年2つしか違わないんだけど、公募で2000人から選ばれて16歳でデビューしたの。こっちは普通の14歳の少年でしょ、「そうか、同世代がもうプロレスラーになってるんだな」と。
福田 剛竜馬の半生を、ミッキー・ローク主演で映画化してほしいねえ。
坪内 ブルース・スプリングスティーンに曲を頼みたいな。ミッキー・ロークの映画『レスラー』と同じで。
福田 長渕剛のほうがいいんじゃない?

 愛称「プロレスバカ」、剛竜馬さん天に召される。1956年、東京都新宿区出身。名勝負の数々。独立。海外の転戦。スターからの転落。ホモビデオ。いろいろあった人生だ。藤波辰巳の好敵手だった。

 
かつては輝いていた「プロレスバカ」の死

 
坪内 後発の弱小集団である「国際プロレス」に、こんな有望な新人が入ったのか!という、そんな存在でね。しかも、東京生まれ。東京生まれの若者が、プロレスラーになること自体が、当時はすごくフレッシュだった。
福田 ふむ。
坪内 で、まぁ40代は……真面目な人なんだけど、お金に困ってゲイビデオに出たり、新宿駅でおばあさんの財布を引ったくって会社員に取り押さえられたり、いろいろあったの。剛さんに言わせれば、「落ちてた財布を届けようと思って拾った」と。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:4756文字/本文:5671文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次