読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1063951
0
革命的飲酒主義宣言
2
0
0
0
0
0
0
ルポ・エッセイ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
VOL.047 2010.08 つかこうへい、梅棹忠夫両氏の死で考える、時代と才能の関係

『革命的飲酒主義宣言』
[著]坪内祐三 [著] 福田和也 [発行]扶桑社


読了目安時間:12分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 

    つかこうへい逝去/以前、坪内・福田両氏が「実は寺山修司よりも好き」と語った劇作家のつかこうへい氏。つか演劇は、芝居の流れを見て稽古のたびにセリフを変え、その場で役者に覚えさせる“口立て”という演出で知られ、これで成長した役者は多い。遺書に「思えば恥の多い人生でございました」と残し、'10年7月10日に肺がんで亡くなった。享年62



 

 

 訃報2通。つかこうへいさん享年62。梅棹忠夫さん享年90。文壇アウトローズが語る。
福田 ワタクシの自慢は、紀伊國屋ホール以前のつかこうへいの舞台を観てることなの。中2の頃。ずっと池袋のシアターグリーンでやってたんですよ。
坪内 ああ、本当? 話題になったのは、青山のVAN99ホールでやり始めた頃だよね。あとさ、高田馬場の東芸劇場でもやってたでしょう。
福田 やってた、やってた。あの線路沿いのね。で、'76年に紀伊國屋ホールへ乗り込んで、最初が『熱海殺人事件』だったかな。
坪内 それから快進撃を続けたんだけど、'82年にいったん休むんだよね。劇団を解散して執筆業にしばらく専念して。で、'89年に岸田今日子主演の『今日子』で復活するんだよ。すごい話題になるんだけど、すぐ失速しちゃう――オレの観た感じだとね。今回のつかさんの新聞の訃報を見ると、'80年代以降について詳しいわけ。でも、つかさんって、演劇人として、実は'80年代の半ばには事実上“終わってる人”なんだよな。'90年代から全然ダメなわけじゃない?

 
'80年代で失効したつか的な「笑いと皮肉」

 
福田 東京都の北区で、市民劇団をやったりはしてたけどね。でも確かに一時代、つかこうへいさんの輝きというか、「ああ、こういうすごい人がいるんだな!」って輝きがあったんだよ。彼の芝居作りのロジックって、女を寝取った側じゃなくて、寝取られた側から見るとか――。『熱海殺人事件』にしても、集団就職の工員が、場末の風俗店で働いてた幼馴染みのおねえちゃんを絞め殺したっていう、オマエ、今どき熱海行って女殺すか!?というどうしようもない事件を、いかにドラマにするかって話でしょ。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:4791文字/本文:5713文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次