読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

12/21に全サービスをRenta!に統合します

(2021/12/6 追記)

犬耳書店は2021年12月21日に、姉妹店「Renta!(レンタ)」へ、全サービスを統合いたします。
詳しくはこちらでご確認ください。

0
-2
kiji
0
0
1064142
0
あらすじとイラストでわかる日本の仏教
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
庶民の救済を目指す仏教、釈迦を目指す仏教 大乗仏教と小乗仏教って何?

『あらすじとイラストでわかる日本の仏教』
[著]知的発見!探検隊 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



「自分の悟り」と「他人の利益」



 世界のありかたを「苦」ととらえ、そこから離脱する方法と意味を説き、出家者の教団を組織して修行に励んだのが釈迦の生き方だった。釈迦のように出家し、釈迦が取り組んだようにみずからも修行し、「釈迦と同じ生き方をした人しか救われない」と考えるのが上座部(小乗)仏教の考え方だ。


 釈迦の入滅後400~500年たったころ、「自分が()(だつ)するだけではなくて、迷いのなかで苦しむ人たちも仏陀の境地に導くのが仏教の役目なのではないか?」という考え方が芽生えてきた。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:395文字/本文:640文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次