読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1064304
0
ミリタリーテクノロジーの物理学<核兵器>
2
0
0
0
0
0
0
雑学
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
B‐2 レーザー原子法

『ミリタリーテクノロジーの物理学<核兵器>』
[著]多田将 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 ウランの濃縮の話に戻りましょう。同じイオン化する方法でも、レーザー法は、ウラン235だけを選択的にイオン化するので、ほぼ完全な分離が可能で、カスケイドを構築する必要がありません。


 レーザー原子法は、ウランを気化させ、その気体にレーザーを照射し、ウラン235だけを電離し、イオンにします。ウラン238のほうは原子のままですので、この混合気体を電場中に通してやると、イオン化したウラン235だけが軌道を曲げられ、ウラン238は電場に反応せず直進し、分離が可能だという仕組みです。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:836文字/本文:1074文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次