読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-1
kiji
0
1
1064349
0
運命の彼と必ず出会える!魔法の婚活BOOK
2
0
4
0
0
0
0
恋愛
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
はじめに

『運命の彼と必ず出会える!魔法の婚活BOOK』
[著]友近千鶴 [発行]扶桑社


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
4
| |
文字サイズ


 私が、みなさんの恋愛カウンセリングをさせていただくようになったきっかけは、地元の愛媛県松山市で主宰しているカルチャー教室「アトリエピエロ」の生徒さんたちの、ちょっとした相談からでした。
「アトリエピエロ」では、絵画やフラワーアレンジメントなどをお教えしているのですが、レッスンの合間に設けたティータイムでおしゃべりをしていますと、自然と生徒さんからこういった悩みを打ち明けられるようになったのです。
「先生、私、彼氏がほしいのに、出会いがないんです」
「うちの娘、30歳をすぎても彼氏がいなくて……。ちゃんと結婚できますか?」
「いつも恋愛がうまくいかない。どうしたら幸せになれるんでしょう」

 みなさん、悩みはそれぞれですが、やはり多くの女性が「運命の人との出会い」を信じ、求めていたのですね。

 そこで、私はちょっとしたお見合いパーティーを企画してみることにしました。幸い、私は男性・女性を問わず多くの知り合いがいたので、彼らの性格を踏まえたうえで、うまく合いそうな独身のメンバーを集めたのです。

 それから、はや30年……。

 数え切れないほどの恋愛相談を受け、お見合いパーティーや講演会を開催しているうちに、私のなかで、幸せをつかめる人たちに共通するものが見えてきました。

 それは、

「他人に依存しすぎず自分の世界を持っていて、ビジョンをつくることができる」


 ということです。

 言葉にしてしまうとシンプルですが、これが本当に難しい。

 要は、愛されることだけに依存していては、幸せはつかめないのです。また、「愛される」ことと「相手を自分の思いどおりにしようとする」ことは、まったくの別物です。

 この点を勘違いしてしまい、「私のことを愛してくれているのなら、もっと○○してくれるべきだ」と息巻く女性が多いように思います。そして、そんな女性たちに男性は辟易(へきえき)しているのですね。

 特に、現代は「草食系男子」という言葉が生まれるほど、恋愛に対する興味が低い男性が増える傾向にあります。

 さらにこの恵まれた環境下で、女性の「結婚」に対する価値観も変わってきました。結婚は女性が生きていくために、絶対に必要な術ではなくなったのです。

 そんなご時世のなかで、女性たちは幸せをつかまなくていけません。もう大変です。これまで以上に、うまく立ち回らなければいけません。みんな、一生懸命頑張っているのに、です。


 でも大丈夫。あなたは絶対に、幸せになれます。

「運命の幸せ」って、あなたのすぐ近くにあるんです。あとは、あなたがそれに気づいて、手を差し出すかどうかなだけ。ですが、それに気づかず一生懸命にさまよう女性の、なんと多いことか。

 あと、ちょっとなのに……。


 そこで、これまでの経験と多くの男女のご縁を結び付けてきた実績から、私自身が学んだ「幸せをつかむコツ」を、書籍にまとめることにしたのです。

 ですが、この本はいわゆる「モテ本」ではありません。「イイ男を、確実に落とすテクニック」や、「モテる男性を、自分の虜にする方法」といったノウハウは、残念ながら書かれていません。

 というのは、それらは、幸せをつかむのに必要ないものだからです。


 磨くべきは、恋愛テクニックではなく、この広い世界で「運命の相手」を見つけるための、あなたの「審美眼」と「感性」です。


 どうかまず、ページをめくってみてください。

 この本を読み終え、それらを実践することができたとき、あなたは間違いなく、素晴らしく魅力的な女性になっています。

 そしてきっと、運命の相手が、あなたの前でやさしく微笑んでいますよ。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
4
残り:0文字/本文:1479文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次