読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1064533
0
なぜ東京五輪招致は成功したのか?
2
0
0
0
0
0
0
ルポ・エッセイ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
2【マドリードが巻き返し】

『なぜ東京五輪招致は成功したのか?』
[著]松瀬学 [発行]扶桑社


読了目安時間:9分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 ライバル都市はどうだったのか。

 テクニカル・ブリーフィング(開催計画説明会)で一番手となったイスタンブール(トルコ)は、ハッサン・アラト招致委員会会長ほか、IOC委員でトルコ五輪委員会のウール・エルデネル会長、アリ・ババカン副首相らが登壇した。「欧州とアジアをつなぐ懸け橋」「欧州とアジアで初の同時開催」というテーマ性を訴え、飛躍的な成長を続けるトルコの経済情勢を強調した。

 ボスポラス海峡では「第三大橋」の建設が動きだすほか、競技施設のほとんどをこれから新設していく計画も披露した。45億米ドル(約4500億円)の建設費は民間資金でまかなうプラン。インフラ(社会基盤)の建設能力、人口の40%が25歳以下という若者の多さも印象づけた。

 6月、トルコ全土に広がった反政府デモの影響も心配されたが、ババカン副首相がデモについて言及しただけで、10問以上あったIOC委員からの質問のなかで、デモに関するものはなかったという。ババカン副首相は記者会見でこう説明した。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:3569文字/本文:4000文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次