読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1064535
0
なぜ東京五輪招致は成功したのか?
2
0
0
0
0
0
0
ルポ・エッセイ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
4【IOC委員の投票心理のナゾ】

『なぜ東京五輪招致は成功したのか?』
[著]松瀬学 [発行]扶桑社


読了目安時間:10分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 確かに東京の開催計画の評判はいい。「だが」と、国際オリンピック委員会(IOC)関係者は漏らす。
「評判と票は別ものです」

 なぜかといえば、投票するのがIOC委員だからである。五輪開催都市選定は、何も単純な都市の人気投票ではない。通常の国政選挙と違い、この道を熟知する百戦錬磨の五輪のプロがとことん吟味し、投票することになる。だから、浮動票など、ない。

 候補都市の開催能力からオリンピック・ムーブメント(五輪運動)における貢献度、都市関係者との信頼関係、あるいは個人的利害も加味し、判断することになる。30年間もIOCに関わり、2011年いっぱいで80歳定年制によりIOC委員を辞めた、猪谷千春(いがやちはる)は説明する。
「100人には100人の考え方があります。IOC委員は異なるバックグラウンド、異なる文化、宗教、環境からきています。異なる価値観も持っています。例えば、ひとつの色をあるIOC委員は“いい色”ととるかもしれないし、あるIOC委員はそうでもない色ととるかもしれない、あるIOC委員は中間色ととるかもしれません。要するに、ひとつの方程式に全部をあてはめるわけにはいかないのです」
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:4282文字/本文:4779文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次