読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1064542
0
なぜ東京五輪招致は成功したのか?
2
0
0
0
0
0
0
ルポ・エッセイ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
5【アスリート・ファースト〜荒木田裕子】

『なぜ東京五輪招致は成功したのか?』
[著]松瀬学 [発行]扶桑社


読了目安時間:10分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 2020年東京五輪パラリンピックの招致レースは大詰めを迎えた。

 荒木田裕子は招致委のスポーツディレクターとして大車輪の働きをしている。2012年は、東京の施設計画についてオリンピックとパラリンピックの国際競技連盟から承認をもらった。2013年3月、国際オリンピック委員会(IOC)評価委員会が来日した際は、競技場視察の案内役と説明役をこなした。

 今回の招致活動の特徴は、アスリートが前面に出ていることである。評価委員会が来日した際も、レスリングの吉田沙保里やサッカーの澤穂希、車いすテニスの国枝慎吾ら30人ほどの選手がプレゼンや会場案内役を担った。イスタンブールやマドリードと比べ、東京はオリンピアンの多さをアピールできた。
「2016年招致より、今回の招致はオリンピアンの参加者がものすごく多い。東京のウリは“アスリート・ファースト”。競技場は選手村に近いし、選手村の設備もいい。ほとんどのアスリートが同じ選手村で過ごし、交流できるのは、初めてじゃないですか」

 東京の長所がコンパクトな開催計画、安定した財政力、運営能力…。ロシアのサンクトペテルブルクでのプレゼンでは、「不確実な時代の確実な五輪」「安全・安心・確実な五輪」を訴えた。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:4166文字/本文:4684文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次