読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1064544
0
なぜ東京五輪招致は成功したのか?
2
0
0
0
0
0
0
ルポ・エッセイ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
1【東京五輪を再現させるための驚きのシナリオ〜藤原庸介】

『なぜ東京五輪招致は成功したのか?』
[著]松瀬学 [発行]扶桑社


読了目安時間:10分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


「オリンピックは人類の持っている夢のあらわれである」。市川崑総監督による1964年の東京五輪の長編記録映画『東京オリンピック』の冒頭、この言葉が出てくる。

 厳密にいえば、オリンピックには夏冬それぞれ4年に一度、世界中から選手が集まって開かれる「オリンピック・ゲームズ」のほか、オリンピックの基本理念の「オリンピズム」や、スポーツを通して世界平和に貢献する「オリンピック・ムーブメント」なども含まれている。

 このオリンピック・ムーブメントは、毎日、行われているものである。いわばオリンピック・ゲームズとは、オリンピック・ムーブメントを推進するための一つのビッグイベントにすぎない。

 ただオリンピック・ムーブメントを人々に意識させ、日々実践してもらうためには、オリンピック・ゲームズを開催するのが一番わかりやすい。

 日本では、1964年の東京五輪のあと、1972年札幌冬季五輪、1998年長野冬季五輪が開催されてきた。東京五輪から半世紀、そろそろ夏季五輪を招致してもいいころではないか。そう、オリンピックを愛する藤原庸介(ようすけ)は考えたのである。

 藤原は小学校5年のとき、1964年東京五輪を体験し、そのときの感動と興奮が「宝物」となった。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:4167文字/本文:4687文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次