読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1064552
0
なぜ東京五輪招致は成功したのか?
2
0
0
0
0
0
0
ルポ・エッセイ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
3【我ら応援団〜川口哲生】

『なぜ東京五輪招致は成功したのか?』
[著]松瀬学 [発行]扶桑社


読了目安時間:9分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 本来なら「応援団」なんて言葉は、ふさわしくないのかもしれない。でも、これはオリンピックがとことん好きな“オリンピックおじさん”のストーリーである。

 川口哲生、55歳。早稲田大学を卒業し、10年間音楽産業に携わった後、フジテレビに転職。長くスポーツ局ゼネラルプロデューサーを務め、東京オリンピック・パラリンピック招致活動に接し、テレビでの露出アップに全力を傾けてきた。
「不偏不党のメディアの掟破りになるかもしれないけれど、招致委と同じく、メディアも応援団であるべきだと思っています。オリンピックに来てほしいんです。(2020年東京五輪が決まれば)会社も盛り上がるけど、何といっても日本全体が元気になるんです」

 東京・お台場にあるフジテレビの会議室。終戦記念日の8月15日。18年勤めたスポーツ局からネットワーク局に移っても、五輪招致にかける思いは変わらない。メガネの奥の目は甲子園球児のそれである。キラキラと輝き、活力がみなぎっているのだ。
「2016年招致のときは“客観的に冷静に報道しましょう”というムードでした。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:3932文字/本文:4391文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次