読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1064553
0
なぜ東京五輪招致は成功したのか?
2
0
0
0
0
0
0
ルポ・エッセイ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
4【五輪運動(オリンピック・ムーブメント)〜竹内浩】

『なぜ東京五輪招致は成功したのか?』
[著]松瀬学 [発行]扶桑社


読了目安時間:10分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 最後にどうしても、もうひとりの国際スポーツジャーナリストを紹介したい。

 竹内浩。

 国際オリンピック委員会(IOC)を取材して20数年。IOC委員から一目置かれ、日本のスポーツ界、メディア界にとっては頼もしい名前である。

 IOC委員の言葉の裏を読み、笑顔に隠された本音を聞き出す。決して群れず、かといって孤立せず。共同通信社の論説委員。幅広い人脈を持つ国際派として鳴らし、時には他社の記者の肝をつぶすような特ダネを取ってくる。
「この仕事、何が一番オモシロイかといえば、誰もが知らないことを自分が真っ先に知ることができること。なおかつ、ほかのみんながこうじゃないかと思っている全く逆のことを、時々、知ることもできる。まさに“目からウロコ”。記者にとって一番オモシロイのは、目からウロコの瞬間じゃないでしょうか」

 体を少しのけぞらせ、目を大きく見開く。好奇心、探求心は衰えず、根っからのジャーナリストである。声がちょっと裏返る。
「“え〜、ウソでしょう”っていうことを聞くことがある。快感というか、ぞくぞくする。それをニュースにする。これはこたえられません」

 英語が堪能で、スペイン語、ドイツ語、中国語にも通じている。毎日、時間が許せば、NHKのラジオ講座で英語と中国語を聞くという勤勉さも持ち合わせている。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:4410文字/本文:4961文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次